owldude:

jawnski:

secret bunny conference

"the ladybugs are on to us"

一瞬何かわからなくて、わかった瞬間、かわいすぎて死亡。

(出典: tricksy-and-mopsy)

(katoyuuからリブログ)

グイン・サーガ : 作者死去で未完の世界最長小説 意志を継ぎ本編の続編再開 2013年10月31日

「グイン・サーガ」の本編シリーズで五代ゆうさんが執筆した131巻「パロの暗黒」 「グイン・サーガ」の本編シリーズで五代ゆうさんが執筆した131巻「パロの暗黒」 写真を拡大  1人の作家が手掛けた小説としては世界最長のシリーズとして知られる、故・栗本薫さんの長編小説「グイン・サーガ」本編の続編が、2人の作家の手によって再開されることが31日、明らかになった。11月8日に五代ゆうさんの手で131巻「パロの暗黒」が、12月に宵野ゆめさんの132巻「サイロンの挽歌」が発売される。栗本さんは、自らの死後も誰かが物語を語り継ぐことを希望していたという。

「グイン・サーガ」は、出自が分からない豹頭の戦士グインの活躍を中心に描いた群像小説で、累計3300万部を誇る。1979年から早川書房で刊行を始めた。2009年には、本編1~16巻の物語がアニメ化されたが、同年5月に栗本さんがすい臓がんのため56歳で死去。原作の小説は同年12月に発売された130巻「見知らぬ明日」を最後に、未完となっていた。

五代さんは、91年に「はじまりの骨の物語」で第4回ファンタジア長編小説大賞を受賞しデビュー。代表作に「機械じかけの神々」「パラケルススの娘」などがある。宵野さんは、栗本さんの評論家の筆名である中島梓の小説塾に参加した直系の弟子で今年、グイン・サーガの外伝「宿命の宝冠」でデビューした。

早川書房によると、栗本さんのプロットは5~6巻分残されているが、その後については2人の手で継続されることになる。(毎日新聞デジタル)

『ほこ×たて』と同じVTRがメインの『イッテQ』の場合では、ロケ先でのあらゆる事態に備え、撮影の前から何通りもの台本が用意されていると聞きます。たとえば、内村さんがマグロ漁に挑戦するといった企画の場合では、釣れるのか釣れないのかだけでなく、いつどのタイミングで釣れるのかという点にまで焦点を絞って、いくつもの台本が用意されているというのです。『ほこ×たて』がどういったスタイルで撮影に臨んでいるのかわかりませんが、『イッテQ』では、かなり細かいところまで計算し、あらゆるハプニングに備えて台本を練り、VTRを作っているというわけです。そして、『イッテQ』のすごいところは、そうした作為がVTRからまったく感じないところですよね。ものすごく丁寧に作りこんでいるのに、抜群に面白いため、バラエティではネガティブな印象を与えてしまう作為が見事に隠れているのだと思います
(katoyuuからリブログ)

欧米のヒーローの条件
・ガチムチであること
・30歳前後である事(それ以下は未熟者として描写)
・社会的な善悪をキチンと把握していること
・それでいて正義を行える者
・チームワークが大事、軍隊とかキチンとした組織

日本のヒーローの条件
・中学、高校生程度であること
・特殊能力が使える(魔物召還、巨大剣、魔法)
・敵の美形キャラは仲間になる。
・汚い大人たちへの反骨精神を忘れない。運命に立ち向かう。
・仲間意識が大事、でも基本はスタンドプレー、学校の部活程度のコミュニティ
・身体能力より、特殊能力とアイテムを駆使して戦う
・武器の強さは剣>拳>銃
・あまり冒険しない、遠出して修学旅行程度
・まず学園生活の維持が優先、生活の隣にバトルがある、敵が来客する
・仲間意識が強くなると、新しい能力が開花する

(katoyuuからリブログ)
(katoyuuからリブログ)
伝え方の生産性を高くするための第一歩は、伝える方法の選択なのに、これを意識して選んでない人が多すぎます。 伝える方法には 1)会って直接話す 2)電話で話す 3)メールで伝える 4)FB メッセージ、twitterDM、携帯メールその他の簡易メッセージツールで伝える などがありますが、「今、このメッセージはどれで伝えるべきか」を正しく選べているかどうかで、伝え方の生産性の半分(以上?)が決まります。


(via katoyuu, semi)露伴。。

(via katoyuu, semi)

露伴。。

(katoyuuからリブログ)
(katoyuuからリブログ)
(katoyuuからリブログ)